teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


同業者の皆様にお願い

 投稿者:ふみぽん  投稿日:2014年10月 7日(火)17時40分8秒
  この掲示板はだいぶ前から、放置中となっております。

MRI関連の話題につきましては、下記の"facebook 研究会"グループで受け付けますので、ぜひご参加ください。よろしくお願いいたしますm(_ _)m

https://www.facebook.com/groups/mr.imaging/

 
 

Re: 頭部DWIの位相エンコード方向

 投稿者:ふみぽん  投稿日:2014年10月 7日(火)17時36分33秒
  >>拡散強調画像撮影の場合に限って、位相エンコード方向を前後(A-P)方向にするのは何故なのでしょうか?

EPI系のシーケンスは位相エンコード方向をR-Lにすると、末梢神経の刺激が起こる(かも?)と言われているため、推奨されていません。ただ個人的な感想ですが、実際のところ位相エンコードをR-Lに設定したからといって、患者さんから苦情が出たことはありません。
 

Re: 救急用プロトコル

 投稿者:ふみぽん  投稿日:2014年10月 7日(火)17時32分45秒
  お返事、遅くなって申し訳ありません。

当院の救急用"stroke set"の撮影項目と撮影順は下記の通りです。
(カッコ内は撮影時間)

1. DWI(25s)
2. T2*WI(32s)
3. head-MRA(3m10-3m40s)
4. FLAIR(1m20s) → 体動強い場合はpropeller-FLAIR(2m20s)
5. neck-MRA(1m28s)

検査時間はロカライザとキャリブレーションを含めて、実質8分程度。
セッティングなどの時間も考慮しても、10分くらいあれば十分ですね。
FLAIRはSAH見落とし防止のため撮ってます。T1WI、T2WIは不要と考えます。
 

救急用プロトコル

 投稿者:うま  投稿日:2014年 9月13日(土)17時14分17秒
  はじめまして。茨城で技師をやっているものです。

当院では脳外科領域の救急搬送が多いもので、救急専用プロトコルを作成しているのですが、現状①DWI②MRA③頸部MRAを必須として、
余裕があればT1W、T2W、FLAIR、T2*を追加撮像しています。
①~③だけであれば撮像時間はサーベイ等含め7分、上記の追加撮像まで含めると13分前後としています。
ふみぽんさんのところでは、救急時の頭部検査にかける時間はどのくらいなのでしょうか。
(装置スペック、各シーケンスの撮像条件、どこまで画質を担保するか等いろいろな要因が絡んでいるので、単純に撮像時間だけでは比較できないことは
重々承知しております。)
お聞かせ願えればありがたいです。
 

あとひとつ質問させてください

 投稿者:K  投稿日:2014年 7月22日(火)22時05分30秒
  MRIのSNR測定時、ガントリ内にいれてから10分待つとマニュアルに書いてあるのですが、なぜでしょうか?
水ファントムの場合など、内部の液体の動きをなくすためですか?

また、連続して同じファントムを測定する場合、スキャンとスキャンの間は時間をだいぶ空けないといけないでしょうか?(同じ条件下のはずなのに、毎回SNRがかなり異なることあるため)
 

T1値の測定について

 投稿者:K  投稿日:2014年 7月22日(火)00時53分56秒
  MRIのT1値測定方法
GEの装置にてIR法で測定を行っています。
しかし、ファイルにあるような図にあるようなヌルポイント以下になるような0以下のポイントがありません。

これは測定できる限界のTI=50msec以下のところにヌルポイントがあるだけで気にしなくてもいいのでしょうか?
また、測定結果のT1値を片対数グラフを描き、傾きを計算し、”T1=-1/(片対数グラフの傾き*2.303)”からT1値を得ると思うのですが、このグラフを描くときはLOGにするのか自然対数(LN)にするのかどちらでしょうか?二つとも書いてあるHPがあるので、、、

kanamri.umin.ne.jp/19-1.pdf

 

頭部DWIの位相エンコード方向

 投稿者:よしひさ  投稿日:2014年 7月 5日(土)07時31分20秒
  ふみぽんさん初めまして。
私は最近MRIを始めたばかりの技師です。

ちょっとお聞きしたいのですが、通常の頭部横断面撮影の場合、頭が前後方向に長い事もあって、撮影時間短縮の為に、長方形FOVを使って位相エンコード方向を左右(R-L)方向にするのが一般的だと思うのですが、拡散強調画像撮影の場合に限って、位相エンコード方向を前後(A-P)方向にするのは何故なのでしょうか?
 

ご無沙汰しています。

 投稿者:元裁判ちょ  投稿日:2014年 3月10日(月)19時05分27秒
  ふみぽん検事殿

ご無沙汰しています。
元、Jun裁判ちょです。
極秘裏(笑)にお伝えしたいことがあるので、
http://ggtms.com/ask.html
のフォームを使い、現在のメールアドレスを教えていただけないでしょうか?
(以前のメールアドレスはエラーで返ってきました(笑))
以上、よろしくお願いします。
 

Re:Re: 頚部MRI画像について

 投稿者:よしあき  投稿日:2013年 8月 6日(火)23時26分43秒
  なるほど、それで左の内頚静脈は血流が遅くなるわけですね。
よく分かりました。

ご回答ありがとうございました。
 

Re: 頚部MRI画像について

 投稿者:ふみぽん  投稿日:2013年 7月26日(金)08時28分44秒
  >>そしてなぜ右の内頚静脈ではこのような現象は見られず、
>>左の内頚静脈だけにしか現れないでしょうか?

上大静脈は右側に偏位しているため、腕頭静脈は左側の方が長く、還流する血液が滞留しやすい構造になっております。造影3DCTAで「右肘を穿刺」するのは、このためです。詳しくは下記リンクをご参照ください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E5%A4%A7%E9%9D%99%E8%84%88
 

レンタル掲示板
/44